八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八戸の豪華なアルミ鍋焼きうどん

八戸市の豪華な具材が入ったアルミ鍋付なべ焼きうどん発見!!


一人、寂しく暮らしているとアルミ製の鍋が付いている鍋焼きうどんは

とても貴重な食べ物。鍋に水とスープを入れて火にかければ簡単に出来上がる

本格的な鍋焼きうどん。通常のうどんと変わらない圧倒的な麺の太さ、具材、熱々度など、

それはカップラーメンでは実現できない領域。なんといっても実際にコンロにかけて

調理して作ったと思う感覚が家庭の暖か味を感じせて熱々の一口目を頂くリフトアップの

瞬間が最高潮に達する瞬間だ。特に12月にもなれば寒さも厳しくなり余計にこの

アルミ鍋焼きうどんに目が行く。

そんな中、とある八戸のコンビニ風の店で(頑なにチェーン店化を拒否する田舎のコンビニ)

過去最高の豪華な具材の入ったアルミ鍋付なべ焼きうどんを発見した。


贅沢なアルミ鍋焼きうどん


私はこのアルミなべ焼きうどんを見た瞬間、目が点になり

思わず手に取って確認しました。これは本当なのだろうかと思ったからです。

驚くべきはその使っている材料、具材です。麺は定評の有る一山製麺の生麺に、なんと

天ぷらも「生」。旬野菜の春菊が入っているのですがこれも生鮮の「生」

ネギも画像の通りそのまま「生」。そして筆頭すべきは「生たまご」付き。

黄金色に輝く天ぷらと純白に光る卵、それに色をそえる緑色の春菊が鮮やかに彩り

明らかに一般のアルミなべ焼きうどんとは一線を超える豪華な鍋焼きうどんです。

現在においてこの様な贅沢アルミ製の鍋付「なべ焼きうどん」が存在、残っていた事も

驚きです。付け加えておくと具はさらに、「生なると」に「焼き麩」「七味唐辛子」付きと

豪華絢爛で何も足す必要も無くただアルミ鍋に水と特製スープを入れてコンロにかければ

本格なべ焼きうどんの完成です。驚きの豪華なべ焼きうどん、八戸館鼻岸壁朝市に出店している

一山製麺さんの商品です。


一山製麺のうどん


この豪華な具材のアルミ鍋うどん。具に目がいってしまうのだが、

天ぷら、野菜などの具を取り出すとそこには通常無地の透明フィルムに包まれた生うどんでは無く

「なま」「ヤマちゃんの」「要冷蔵」そして「玉うどん」文字に一山製麺である事を証明する

伝統のやさしい板前風のおやじの絵がしっかりと印刷され袋に入った生うどんが姿を現し、

主役は麺なのだと主張しているのです。


八戸 一山製麺のなべ焼きうどん
【一山製麺のアルミ鍋付うどん完成】


生天ぷらは大きく膨らみアルミ鍋の半分を覆う程、それに生たまごを含め多くの生鮮具材を使用して

いる為、彩りが綺麗な上、麺が覆い隠される位の具は魅力的。見るからに

旨そう 


一山製麺 リフトアップ



八戸アルミなべ焼きうどん定番の七味(もちろん付属)を食べる直前に投入し

仕掛けの悪いリフトアップ。そして口に運び込むと、、旨い!!

生卵と絡ませるとこれまた旨い。具の天ぷらも生なので玉ねぎの食感、甘味を

最大限感じる事が出来る。こんなアルミ鍋うどんが八戸で現存していたとは驚いた。


八戸館鼻岸壁朝市 アルミなべ焼きうどん


一山製麺伝統のアルミ鍋付きうどん。

気になる価格は館鼻岸壁朝市でご確認ください。

ちなみに200円です。






















スポンサーサイト

| 八戸市のなべ焼きうどん | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一山のなべ焼きうどん


私が子供の頃、風邪を引いて学校を休んだ時しか食べる事の出来なかったあの


アルミの鍋に豪華食材の具がたっぷりと入った「なべ焼きうどん」


長引く不景気の中、消滅したかと思っていたがなんと原型と留める


なべ焼きうどんを八戸市の製麺所を探求している内に発見した。


それは一山製麺の「なべ焼きうどん」



一山製麺の具沢山なべ焼きうどん


定番の「ねぎ」に「麩」隠れて見えないが「唐辛子」付き


これに「特製のたれ」そして私を驚かせ過去を思い出した


乾燥海老一尾入りの天ぷら。感動しました。この品質で


生うずらの卵は今のご時世からして付くのは無理なのですが


平成24年にして100円前台の価格は、安く


一般消費者にとっては非常に助かります。

















| 八戸市のなべ焼きうどん | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

即席アルミ鍋付きのなべ焼きうどん





八戸市にある製麺所のメンを探し歩いていたら偶然、懐かしい

なべ焼きうどんを発見。

それは、私が幼少期の頃、風邪を引いて何も食べれない時に母親が作ってくれたのが

なべ焼きうどん。食欲はなかったが物珍しさも有り私は口にした。しかし

すぐに食べられなくなった。なべ焼きうどんの前にも食べた事の無い物を

色々と出してくれたのだが私は一口食べるのが精いっぱい。

具合が悪いと何を食べても美味しく無く感じ、元々食欲も無い、食べれないのです。

そんな具合の悪い私に何か食べさせなくてはと思い渾身の思いで作ったのが

このなべ焼きうどんだったのだと思います。

私は、今でも思い出します。海老の入った天ぷらに麩、ネギ、そして生の、

うずらの卵、具合が悪かったのですが物珍しさで食欲がわき食べたのですが

3口が限界。母親に「食べれない」と伝えた瞬間それまで我慢していたであろう

不満を爆発されました。「じゃあ食うな!!!!」 ボゲェェエ

そのおかげか、このなべ焼きうどんを見つけた時は感動すらおぼえたのでした。


ひょっとこばやしのなべ焼きうどん






外見は昔のなべ焼きうどんとそん色がありません。ひょっとこばやしの

ロゴがたまらなく懐かしいなぁ。中身はどうなのでしょう。

開けて確認します。緊張しながら。




阿部製麺所のなべ焼きうどん



ああぁやはりという感じです。子供心を大いにくすぐったアノ

うずらの卵が有りません。うずらの卵を割ってボト~ンと落とすのが

当時最大の楽しみだったのですが。。。

天ぷらも当時は楽しみの一つでした。ひょっとこばやしの天ぷらは

食べ応えの有る大エビが入っており、海老自体あまり流通して

いなかった当時、すし以外で食べれる海老といえば、

このなべ焼きうどんだったのです。(私情が入っているかもしれませんウゥ)

その大エビもアミエビに変わっておりました。

麩も分厚く麺と一緒に火にかけないと柔らかくならない程の厚さでした。

これに乾燥ねぎが小袋で付いていたのですが。。。

しかし今回購入した価格は、なんと100円ちょっと、ほんとにちょっとです。

久々に見つけて購入したのですが、この価格でこのボリュームなら十分満足です。

ところで、うずらの卵付き、大エビ付きの頃はいったい幾らの値段だったのかが

気になります。どなたかご存じの方おりましたら教えてもらえればうれしいです。




| 八戸市のなべ焼きうどん | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。