八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【八戸うみねこ朝市】

【八戸うみねこ朝市】


3月11日の東北大震災で館鼻漁港が津波にのみ込まれ


八戸館鼻岸壁朝市は開催不可能になりました。(翌々日の3月13日が初開催でした)


八戸大津波


大地震直後、八戸市は大停電。情報がまったく入らず、今どうなっているのかが


わからない状態でした。そんな事もあり、私は八戸の現状を確認する意味を


含め、八戸館鼻漁港に向かったのです。八戸朝市はやっているんではないか


との思いもその時はありました。


大震災直後のポートアイランド


しかしそこには、想像を絶する光景がありました。



八戸港を大津波が襲ったのです。


余震の続く中、恐怖の撮影でもありました。何故かその時は、


この大津波が襲った八戸港を記録として残さなければという思いが


非常に強く感じシャッターを切ったのですが、家に帰り後日、関係者に


八戸朝市の開催を聞いたところ、「当分無理だろう、トイレも流されたし


早くても8月だろうな」 現状を見れば当然です。




江陽朝市



しかし場所を変え南部地方の台所、館鼻岸壁朝市は帰ってきました。


場所を館鼻漁港から江陽に変えその名も「江陽朝市」


現うみねこ朝市の誕生です。


そこには八戸岸壁朝市の見慣れた方々が沢山いたのでした。


帰って来た八戸朝市。


「大丈夫だったがぁ」 「元気だったがぁ」の声が至るところから


聞えた初日の江陽朝市。私も感動の朝市でした。


うみねこ朝市は土曜日のみの開催ですが八戸岸壁朝市


休業期間の1月~3月も開催しています。つまり土曜日は年中開催


八戸朝市なのです。


















スポンサーサイト

| 八戸うみねこ朝市 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |