八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

暗闇のマツタケ狩り 名人に方法を学ぶ





暗闇の松茸狩り


今年は9月の5連休シルバーウィークという事だが、私は普段連休があっても
八戸朝市に行く程度で連休など家でゴロゴロしている方が多くなってきた。
欲しいもの等、ネットで買えるし今後益々そうなっていく事だろう。
そんな私でも1年に一度、興奮さめやらない季節が茸狩りのシーズン、秋なのです。

秋の味覚といえば茸(山の)、きのこといえばマツタケにシメジ等、考えただけで
ボルテージは最高潮に達し午前3時に起きて山へ宝探しに向かったのでした。

今回は幸運な事に地元でマツタケの赤鬼と呼ばれている大先輩に同行する事が
できました。ちなみに赤鬼たる名前の由来はマツタケの話になると真っ赤になり語りだす
からです。飲み会などでは茸の話で終わった事もあります。

大先輩はさすがに厳しく夜明け前の4時には待ち合わせ場所に来なさいとの伝令が
あり目覚まし3台を稼動させ無事、時間内に到着したのですが大先輩は時間を過ぎても
現われません。30分も過ぎた頃さすがに不安になり電話を掛けるも出ませんでした。

マツタケの赤鬼とも云われる先輩です、私はもしや先に山に入ったのかと思い呆然と
していたところ大先輩からの着信が、

大先輩 「今どこだ」

数分後に無事会うことができました。
遅れた理由などマツタケの赤鬼と呼ばれる大先輩に聞けるはずも無く一路マツタケ山へ
大先輩のジムニーで向かったのでした。

程なくして到着したところ既に先客の車が一台止まっています。

大先輩 「クソォやられたか」

大先輩は遅れたことを悔いている様でしたが
先客の車から住所、氏名を即座に答えたことには驚きました。
どうやらライバル隊らしく先を越された様です。

我が隊も慌ててヘッドライトを装着しマツタケ山を駆け上がります。


夜明け前の松茸狩り


一目散に松茸の採れる場所まで行きたいのは山々だが急勾配の松茸山は
折りしも雨だった事もあり私の足をたじろがせ滑って思う様に登れない。
ところが大先輩は猿が如く登っていく、ただただその速さに驚く。
画像右側に大先輩のヘッドライトが光っているが、こんなに差をつけられて
しまった、というか大先輩に申し訳ない。
マツタケ採りは競争なのだ。


まつたけ


松茸が採れる山とは険しいもので息をゼイゼイ汗ダラダラでやっとたどり着いたと
思ったら大先輩がいきなり
「おーい!」 と呼んでいる、行ってみると大先輩の片手には松茸の姿があった。
山を駆け上がるのも早いが見つけるのも早い
松茸名人は生える場所を知っているというが本当の様だ。

先輩にお願いし次に見つかった時は、いじらずその状態のまま「おーい」と
呼んでくれませんかとお願いした。


松茸狩り


「おーい」と、その呼び声は一本目のすぐ後であった。
先輩は約束通り見つけたそのままの状態で呼んでくれた。
ライトで中心部を点灯しているのでわかるかも知れないが呼ばれて確認した時は
すぐには分からなかった。


まつたけ狩り

木の葉などを軽く取り除くとそこに松茸が現われた。よくもこんな木の葉にカモフラージュ
された松茸を見つける事ができるものかと驚いた。
まさに獲物を捕らえる鷹の目とはこの事かと思った。


松茸狩り2015


ほんの少しの傘の部分が見えているだけで小さいマツタケと思われるかも
しれないが掘り起こすと茎の太く最初の物より大きくしっかりしたマツタケが
採れた。

マツタケ山 岩


徐々に明るくなり山の状態が見えてくるといかに急斜面の山であったかが
わかる。大先輩はこんな急斜面の山をすいすいと登っていくのだから驚く
しかない。


松茸狩りH27


明るくなると先輩は離れた位置ではあるが指差しそこに行って見ろ!と
いっこうに採れない私にむかい指示を出してくれた。
云われた通りの場所を注意深く探すとそこにはマツタケが生えていた。
しかも2本も。


きのこ採り


明るくなるにつれ見通しが良くなりマツタケ狩りに闘魂注入できる
状態となる。


マムシ


今日何度目だろうか、先輩より「おーい」の掛け声が上がり目線を地面から上にゆっくりと上げたその時、
会いたくない奴に出会ってしまった。そうヘビに!


まむし 松茸狩り


ヘビの中でも毒を持つマムシ。
滋養強壮のマムシではあるが山で生のマムシを見るのは学生以来。
即刻この場から退散した。


松茸 2015


先輩の「おーい」の声が山に響き渡る。


マツタケ 2015


いったい大先輩は何本採ったのかさえ分からない程であった。
それにしても松茸の赤鬼と呼ばれる先輩は普段色がすすけてヨレヨレの
所々裂けていたりボンド跡がある作業着姿しか見たことが無いのだが
松茸狩りの時には新着したのかと思わせるスーツ並みのしっかりと折り目がつき
濃い色をした作業服での出で立ちであり山の神に感謝しての正装といえばよいのか
茸狩りに対する心構えというものが名人と呼ばれる方はさすがに違うと感じた。

松茸狩り


茸狩りは食べる楽しみもあるが採る楽しみの方が大きいものです。
今回はマツタケの生える場所まで教えてもらい大変有意義な一日でした。
本当に良い大先輩です。


マツタケ山


行きはよいよい帰りは怖い等と言いますが今回は足も軽やかに下山。


鉱山跡地の鳥居


この鳥居はかつてこの地に人々が住み、暮らしていたという事なのだろうか。

この山奥にある朽ち果てた鳥居が気になり調べている最中ではありますが
この場で公表はできそうにありません。

スポンサーサイト

| きのこ採りさ行がねが | 19:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の味覚 きのこ採りに行ったら今年は五目狩り 





茸狩り 2015


年のせいかよっぽどの事が無い限り面倒くさくてどこにも出かけなく無くなってきたが
八戸朝市と秋の茸採りには血が騒ぎ向かってしまう。
どちらにも共通するのは普通一般に入手できない物が手に入るというワクワク感
からくるものなのかもしれない。

ということで今日は朝市にも行かず茸採りに行った訳ですが雨が続き
予想はしていたのですが川が増水してます。
いつも行く山にたどり着くにはこの川を渡らなくてはならなく
朝市ではないですが夜明け前に到着したまでは良かったのですが
川の状態を薄暗い中にもいつもと違う川の音で躊躇し、明るくなる
までの数分待ったのでした。

明るくなった所で川の状態を確認した後、ドボンと入りびしょ濡れ覚悟で渡りましたが
思ったより深く長靴に浸水は勿論、膝までビシャビシャになり渡ったのでした。

私は流れる川の圧力の強さを幼少の頃かの川遊びなどで
経験していますので一般の方は真似しないようご注意ください



ねべっこ

朝市でも販売されていたアミタケが最初に現われました。
一般に販売されているアミタケはえんじ色をしていますが茹でると
鮮やかなえんじ色になります。生というか自然の状態は黄褐色です。


うしこ茸 2015


うしこ茸(クロカワ)が早くもこんなに成長しています。
今年は例年と違いますね。


ほうき茸 2015


ほうき茸です。生え始め?


ほうき茸 H27


松の木に生えてるホウキ茸は初めて見ました。
ホウキタケは直ぐに食べられる物と茹でた後2~3日、水で毒抜きしないと
腹痛を起こす種類がありますのでご注意ください。



本ほうき茸


ホウキタケの区別は難しいと思いますが少し毒があるタイプは根元から
枝分かれしています。それに対して毒の無いホウキ茸は太い根元があり
通常の茸でいう傘の部分から枝分かれし広がっています。
色も鮮やかなピンク色をしています。

区別がつかなくてもホウキ茸は水に2~3日さらせば毒が抜けて
美味しく食べられます。
私は根元から枝分かれした少し毒の有る方が食感も良くて好きな
くらいです。

但し、手で触って直ぐに砕けるタイプのホウキ茸はあまり好きでは
ないのですが茹でるとプルップルとした食感は好きな人もいるかも。


桜シメジ 2015

さくらシメジも発見。
ホウキ茸と同じく少し腹痛を起こす毒があるので茹でた後、水にさらして食べます。
シメジと名のつく程ですから味が本当に良い茸で歯切れが良く食感もとても良い
美味しい茸です。


茸林


山には色んな危険が潜んでいる。
まず第一に遭難、そして熊との遭遇と思っていたが奥入瀬渓流での倒木事故の様に
いつ何時木が倒れるやもしれないという全く予想だにしない危険が潜んでいる。


山で滑り落ちる

この斜面をえぐった跡は
山を下りる際に急な斜面を滑ってすっ転んでしまった跡。
画像ではわからないかもしれないがかなり急斜面。
経験上、急斜面の下には川がある場合があり実際この下は
川であった。
特に足早に帰ろうとして急斜面を下っている時に起こりやすい。


しめじ 茸


なんと天然きのこ終盤に採れるジメジまでもが生えていた。
今や松茸よりも採れないと云われる天然しめじ。
凄く良い出汁がでるので汁物にすると食感共に最高級の茸です。


茸の山


あやしい松林。
何かが臭う、プ~ンと。


松茸狩り 2015


山を下山中でしたが本命の松茸に出会えた。
小さく見えるかもしれませんが松茸って土の下の根が深く
掘り起こすって感じで収穫します。


茸狩り 2015


ビニール袋で茸採りしてるあたりが素人感丸出しですが、
そろそろ腰カゴが欲しくなってきたかも。


茸狩り 虫出し


収穫後はゴミを取り除いて虫出しです。
この後もまた茹でたりとか大変なんですよね。

| きのこ採りさ行がねが | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |