八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年 八戸市 かぶ豊作

赤かぶ


今年は赤カブが豊作と聞いていたが本当の様です。

八戸市を含む青森県南部地方の赤かぶは主に漬物用として栽培されています。南部地方の

赤かぶは白かぶと比べると肉質が柔らかい中にも厳しい寒暖差の為、しっかりとした歯ごたえを

感じる野菜その物の食感で真っ赤な皮の色が内部にまで浸透し見るからに体に良さそう。雪もちらつき、

北国の伝統暖房機ストーブを点火する頃、寒さが沁みてくる辺りに収穫される

南部の赤かぶは甘味も最高潮に達します。この赤かぶの食べ方はやっぱり千枚漬け

この時期にしか食べられない貴重な北東北の漬け物です。

簡単に言えばカブの甘酢漬けなのですが初めて見た時は全体が鮮やかな赤色に染まった

かぶを見て着色料を使ってこんなに鮮やかな赤色にして思い体に悪そうな漬け物とばかり

思っていたのですが、この鮮やかな色は赤かぶを剥いた皮と一緒に漬け込む事で生まれる

天然由来の無添加による赤かぶそのものから生まれた色なのです。

その事実を知った私は実験的に千枚漬けを作って見たところ見事に全体が赤色に

染まった赤かぶの千枚漬けが漬け上がりました。

色は良いのですが味がイマイチ。これまでも北東北のご飯また味噌汁のお供には欠かせない

漬け物は何度も自家製で作っているのですが漬け物は奥が深い料理で浅漬け以外、私は美味しく

出来た事が有りません。特に南部地方伝統のキュウリの古漬けなど3年連続で失敗し

今は諦め購入して食べています。昔は普通に食べていた物がこんなに難しいものだったと

つくづく感じる今日この頃です。











スポンサーサイト

| 八戸朝市 人気の八百屋 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にんじん 11月は人参の旬 【男体山漬け】を思い出す

八戸市 11月の野菜


2012年。今年の八戸市は記録的暑さと雨が降らない日が続き松茸は大不作であった。

人参とは関係ない話ですが、、、。

代わりに、にんじんが豊作だっのか今年は安いです。

普通サイズのにんじんが10本で100円。1本10円。

私は、割と人参を使った料理が好きで良く食べるのでうれし価格です。


にんじん料理で思いだすのは東京池袋にある居酒屋もつ焼き「男体山」で食べたその名も「男体山漬け」

私が20代前半の酒も知らない青二才の頃、仕事帰りにJR池袋駅に向かう途中にその

もつ焼き男体山はありました。

炭火で焼いているあのたまらなく食欲をそそる極上の匂いに

大型の赤ちょうちんが一人寂しく暮らしている男にとっては非常に暖か味を感じる

もので私が初めて酒を覚えた居酒屋でもありました。

今でも同僚と思い切って入店した時の事を鮮明に憶えています。

男体山さんで食べた料理は私の脳奥に深く記憶され

八戸市に来てからもその食材を求め探し回ったものです。

例えば「レバ刺し」。 男体山さんで食べ覚えたレバ刺しを求め「レバ刺し有ります」の

看板を見つけては入店したものですが、どこもプルンとした食感で歯ごたえが無く

男体山さんのレバ刺しとは全く違うものばかりでした。

のちに八戸で食べたレバ刺しは「牛レバ刺し」であることがわかり

私が男体山さんで食べていた物は「豚レバ刺し」であることが分かったのですが

個人的には初めて食べたレバ刺しが豚であった為か食感の良い豚レバの方が美味しい気が

するのですが気のせいでしょうか。
<注意>【レバ刺しは2012年7月1日より提供禁止】

そんな豚レバ刺しが今は無き「片町朝市」で販売されていた時があり

発見した時は興奮し店主と豚レバ刺しに対する思いを語り、合いお互いに

エールを送りあったのですがその後、片町朝市は62年の歴史に幕を閉じ

八戸ニュータウンへと場所を移転。以前から問題視されてきたレバ刺しは時を同じく消えて

いったのでした。



にんじん 24年豊作


人参が安いです。2012年度は単純に根菜類が豊作なのかと思うほど

ニンジンは安いのですが青森特産の長いもは不作なそうです。長いも売りのおばちゃんが

「今年はこんな奴しか並べられない」と嘆いておられました。

私は野菜の形にはもちろんこだわりませんし虫が付いていても当たり前と思います。

逆にそういう野菜の方が普通で有る事を感じ、そんな野菜の方が健康的に見えて

しまいます。




























| 八戸朝市 人気の八百屋 | 20:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハツタケがやっと 9月30日

H24.9.30 ハツタケやっと並ぶ


ハツタケなど秋に採れる天然きのこの中で最も早く採れる美味しい食用きのこなのだが

今年は遅い。非常に遅い。雨が降らず高温が続いたせいと云われている。

ハツタケは今年、生えないのかと思った程であったが9月30日の館鼻朝市に

やっとその姿を確認出来た。

しかしこの姿。キノコ採り名人もやっと見つけたと思い慌ててとった為に

こんな姿になったのだろうか。それとも朝市までの移動中に割れてしまったの

だろうか。たしかにハツタケは身が固くちょっとひねっただけで綺麗に

割れるキノコでもある。かさ裏が濃い緑色に変色しているのはハツタケ独特の

現象で少しでも傷つけるとこうなるので問題は無いのだが私が最も気になったのは

周りお商品の「マタタビ」「コンブ」「ナツメ」等、価格が表示されているのに

何故か「初茸」は商品名も価格も表示されていない事であった。

少しの量の初茸に見えるがこれだけあれば3合のお米で「初茸ご飯」を

作るのには十分美味しく出来ます。それだけハツタケは非常に良い出汁が

でるものです。しかし何故かハツタケだけ価格が表示されていない為、

めったやたらに近寄る事も出来ません。価格を聞いたら最後、どんな高額であろうが

買うことになりそうで離れてズーム全開で撮影するのが私の限界でした。

| 八戸朝市 人気の八百屋 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月発生の 謎のキノコ

7月のキノコ


今年は、春しめじ(美味しかった)に続き、またしても謎のキノコが販売されていた。


天然きのこは、秋の味覚の代表格、てっきり秋に採れる物と思っていたが


春しめじに続きこの謎のキノコの登場でそうでは無い事を恥ずかしながら勉強しました。


早速、店主にキノコの名前を聞こうとしたが、朝食であろう、おにぎりを食べていたところで


都合が悪かったのだがカメラ片手に近寄って行ったのが悪かったのか車の中に引っ込まれて


しまい謎の茸の名前は確認する事が出来なかった。








| 八戸朝市 人気の八百屋 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅 最安値

うめ 1キロ 150円


梅がなんと1kg150円で販売されていました。ビックリする安さです。


勿論、B級品なのですが十分すぎる八戸朝市価格です。安いと思い


八戸館鼻岸壁朝市で初めて梅を3キログラム購入。


3kg購入の内、2kgは梅干し用、1kgは初挑戦の梅酒作りの予定でしたが


同時に購入した1箱40杯入りの真イカ(1,200円で購入)を、とても食べきれないので


親戚に配っている内に、「梅も1kg150円で買った」などと言ってしまい


結局うめも全部あげてしまいました。


来週も梅、売ってるかなぁ。。。


| 八戸朝市 人気の八百屋 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT