八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

櫛引八幡宮 初詣

今年も宜しくお願い致します




皇紀2675年 初詣 櫛引八幡宮


2015年1月1日 櫛引八幡宮で初詣

新年の誓いを心に秘め今年も八戸、櫛引八幡宮にお参りさせて頂きました。
館鼻岸壁朝市でおなじみのインドカレー屋さんとスモーク料理が有名なお店も
出店されていたのには驚きました。
10時50分に到着、おそらく最も混んでいる状態です。


櫛引八幡宮 初詣


どんなに混んでいようと、この「謹賀新年」の門をくぐらないと一年が始まらない気がします。
混雑、並ぶのがいやな私ですが初詣は苦ではありません。



八戸 初詣 渋滞


お参りまでは私も、1時間車で並びましたが帰りはスムーズに帰れます。
勿論、反対車線は大渋滞です。


八戸 初詣渋滞


画像左側に見えるのが今年開店した「大勝軒」
まだまだ渋滞は続きます。


八戸初詣 混雑状況 よこまちまで


なんと「よこまちストア」まで続いています。
いつものちょっとした渋滞ですが苦労した分、今年1年、普通に生活できると思えば
私は櫛引八幡宮に初詣なのです。











スポンサーサイト

| 八戸ブログ日記 | 18:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まつたけ茸狩りで秋の味覚マツタケしめじ御飯





八戸市、秋の食材といえば「さんま」は勿論ですが「鮭(イクラ付き)」にサバ、イカ等、港町八戸では
魚介類が中心ですが八戸市は山の幸も豊富で食欲の秋ともなれば私はダイエットを兼ね山に入る
のです。狙いはマツタケ


茸狩りに向かう


今回は八戸朝市さ行がねがの貴重なるファンの要望を受け入れ
通称Macさんとテリーボガードさんを引き連れての入山です。


茸狩りへの道


前回に続き、いばらの道を突き進みます。
suzukiジムニーがあれば、どれほど楽な事かといつも思いますが


山


ここから右の急斜面を登った所がマツタケ山だが
相棒2人はすでにヘトヘト状態。しかもテリーボガードさんは入山途中で
川にすべり落ち、ずぶ濡れ状態になったのだが本人が大丈夫というので
そのまま突き進むことにした。しかしこの事件が、のちの彼の運命を大きく変える
事になろうとは誰も予想だにしていなかった。
(この事件はリアルであった為、撮影どころではなかった)


マツタケ発見


それは入山直後のショックであった。
ずぶ濡れ状態のテリーさんがいきなり「ああぁー」と悲鳴にも似た大声を
あげたのです。


平成26年9月21日 まつたけ
【画像は抜いた後の松茸】

なんと入山5分も経たずに松茸狩り初のテリーさんが人生初の松茸を
発見したのです。
これにはMacさん共々「おおぉ」と喜びの歓声があがりました。
川に落ち、ずぶ濡れのお返しでしょうか。

テリーさんは結婚18年、嫁に三行半を突きつけられ後が無い中、
男としての起死回生を狙い今回の松茸狩りに参戦したとのことでした。
ただ事ではないその事実を知り3人手を取り合い喜びを分かち合ったの
です。

テリーさんに話を聞くところによると、
春の山菜シーズン、秋の茸狩りのシーズンになるとTV、新聞等で
行方不明のニュースが出るたび、嫁に

「あなたも山さ行くんだぁ」

と、口癖の様に云われているとの事で、それを聞いたら
何ともせつない気分になり、、なんとも。。。。イエナイ。
いやこれは、ただ事ではないとも思い複雑な心境
しかし彼は、やってのけたのです。
時価総額にして1万円はくだらないであろう巨大松茸を収穫したのですから。
自信を持って家に帰れることでしょう。
と思うのは私とMacさんだけでしょうか。


プリン体のホウキタケ


その後、約1時間収穫なし、何もなし。
先週とは明らかに違います。

ホウキタケはまだありましたが画像の物は握ると
バラバラに砕けるタイプの奴で、茹でるとプリン体というか
ところてん状態というか何とも不思議な食感のほうき茸。
美味しいとも思わないので収穫しませんでしたが身体には
いい成分があるのかも。


2014/09/21 松茸


素人三人集、松茸狩りをあきらめ下山中、腐れ掛けた松茸発見で
一時、盛り上がるも相棒2人ヘトヘトなので下山。

松茸 ほうきたけ 畑しめじ


本日の収穫、松茸2本にホウキタケ、畑しめじ、あみたけでした。
次回は松茸プラスくろかわ(うしこ茸)秋終盤本命のシメジ狙いで山に入る事と
思います。


きのこ虫だし


自宅に帰り早速、虫だし


くされ松茸


くされ松茸の調理方法に迷いましたが匂いは十分なので松茸御飯作る事にしましたが
1本だと具材が少ないので帰り道、道の駅で畑しめじを購入し一緒に混ぜて
禁断の松茸しめじ御飯を作る事にしました。


松茸しめじ御飯


香り松茸、味しめじの混合炊き込みご飯。
一度やってみたかった夢のコラボ御飯。

松茸シメジ炊き込みご飯


かなりシメジを入れたつもりでしたが完成すると縮みこんな感じに、
でも松茸の香りは十分でシメジの食感と味もこれまた十分過ぎるほど
美味しい贅沢な松茸シメジ御飯になりました。


































| 八戸ブログ日記 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マツタケ狩り 「ほうき茸」「桜しめじ」「あみたけ」





2014 マツタケ


今年は雷を伴う雨が降っては晴れを繰り返し茸豊作の予感と共に噂でも豊作との情報を聞き
朝市にも行かずマツタケ狩りに3時半に起きて山に向かった。
若い頃だったらこの時期、八戸港では大型のサバが釣れる為、三菱埠頭に夜明けをねらって
通ったものですが近年もっぱら山に入る事が多くなりました。

ザクタス耐油長靴プリント入


5年ぶり位だろうか、丈夫なザクタス耐油長靴を前日この日のために購入。
長年愛用している色あせた同じザクタス長靴を会社に置き忘れた為、仕方なく
購入したのですが後悔はありません。どんな悪条件にも耐えうる作業用長靴は
これしかありませんから。


ザクタスロング長靴


昔はこれに「UWF」と白マーカーで書き、作業現場でその気になって草を相手に
蹴りを入れたものです「草刈ローキック」

小川


マツタケへの道は厳しいもので時に川をも渡らなければなく
行きやすい所は自然と人が集まり素人など採れるものではありません。
松茸狩の素人は新規開発か、あえて選ぶいばらの道しか無いのです。

いばらの道 松茸


今回は、いばらの道を選び突き進みます。


松茸山


ここまで来るのにアップダウンの激しい急勾配の山を乗り越えて松茸山に到着。
途中に色んな茸を発見したので紹介します。

ほうき茸


ほうき茸、その名の通り竹放棄の様な形の茸。
火を通してすぐに食べられるタイプとそうでない物とがある様です。


ホウキタケ


この形は少々毒が有るタイプで茹でてから水に3日位さらして食べるタイプの奴ですが
味、食感共にこっちの方が旨い。
ほうき茸にあたって死んだ話は聞いたことがないのですが、あたると腹が痛いらしい
のでご注意ください(親戚にもいました)

でも、ホウキタケって食感が歯切れ良く天然きのこの中でも美味しいきのこの一つです。


サクラシメジ


サクラシメジは味が良い茸で油炒めにすればサクッサクとした食感と、どの茸にも無い
噛むほどに味わいが増す茸であり、それがサクラシメジ独特の旨さでもあります。
炒め物といえば豚肉の野菜炒め?ですが桜しめじの油炒めが断然旨いのです。


黄色い茸


この黄色い茸がやたら目に付きましたがなんていう茸なんでしょう?
透明度の高い黄色の茸で綺麗。


謎の白い茸


真っ白では無く半透明に近い茸を発見。
初めて見る茸です。


天然なめこ


これは天然なめこでしょうか?
なめこの時期ではないので収穫しませんでしたが。

この他、アミタケも収穫


紫しめじ


これは紫しめじなのだろうか?
初めてみるのですが本で見た記憶があるので収穫。


まつたけ


そんな中、落ち葉と同化した様な、茸が、、、。

松茸狩り


今年初の松茸です。


八戸朝市 まつたけ


初松茸の記念写真
何故かたまたま八戸朝市の袋で収穫していた。


きのこ収穫


本日の収穫は多い順に「ほうき茸」「アミタケ」「サクラシメジ」「しめじ」「松茸」
でした。
自宅に帰り早速調理。


あみたけ


茹でてすぐに食べられる「あみたけ」


ねべっこ


最初の一口がタマリマセン。





























| 八戸ブログ日記 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮城県産ほや 震災から3年ぶりに八戸にも





個人的にホヤの最も美味しい時期はお盆前後の暑い8月だと思っています。
八戸ではもっぱら天然ホヤが美味しいとされ特に種市産の天然ほやが有名で
私も、お盆休みに入るないなや真っ先に鮮度命のホヤを求め種市八木地区の産直に
水揚げされる昼過ぎをねらって向かった訳ですが店頭にホヤが無い!
ちょっと早すぎただけだろうと思い恐る恐る店員さんに話を聞いたら本日の水揚げなし!
ホゲェ!ヤッパリパリああぁ。なぜ毎年同じ事を繰り返すのだろう。何のために八木に来たのか。
自分で自分が嫌になる。電話一本かければいいのですが、きっとお盆で忙しいだろうと考えると
悪くて掛けられなかった。来年は電話してから行こうと思ってはいるが、きっと同じことを繰り返す
気がする、しかしホヤに関して今年は我慢ができた。


2014年 宮城県産ほや


今年はホヤ好きな私でも一度も八戸朝市でホヤを買う事はなかった
理由は八戸市のスーパーに震災から3年ぶりに宮城県産ほやが並んでいたからで
2014年は早い時期から宮城のホヤが八戸のスーパーで販売されていたが
これがうまかった。


2014年 宮城のほや


宮城の養殖ホヤは磯の香りは天然物のホヤに比べれば弱いものの食感、
味においてはクセが無く誰でも美味しく食べることができる。ほやを初めて
食べる方にはおすすめの宮城県産のほやです。

ほやの旬がそろそろ終わりになる上、鮮度が悪くなると茶色の筋が入り
さらに進めば黒っぽく変色していきます。
でも、まだまだ肉厚で美味しいホヤでした。










| 八戸ブログ日記 | 20:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八戸パラエストラ総合格闘技大会inラピア 予想外の真剣勝負 





八戸パラエストラ大会


総合格闘技団体パラエストラの地方大会NFC4がラピア1階で開催されました。
てっきりエキシビジョン的な試合かと思いつつラピア1階の会場に到着すると
それは予想を超える真剣勝負でした。

ラピアINパラエストラ

オープンフィンガーグローブでは無いもののヘッドギア無し。
到着していきなりこの試合でビックリ。
これはエキシビジョンでは無いことを悟りました。

八戸 柔術

柔術の生観戦は初めてです。

八戸柔術大会


胴着に色んなロゴが入っているところが柔術を感じさせますし予想通り寝技の
攻防に、三角締めをねらっているのでしょうか?
決まると面白いのですが。

八戸パラエストラ大会

決まらずこう着状態が続きます。

小比類巻ジム 選手


試合時間が短いのもいいですね。
次々と異種試合が組まれ午前の部、最後はキックボクシング。

パラエストラ ラピア大会


クロスカウンターは迫力があります。


八戸 ミドルキック

ミドルキック炸裂
午前の部、最後の試合は迫力があり歓声が上がる程です。
この後、休憩を入れ決勝へと進む訳ですがどうしても帰らなければならない
事情があり決勝は観戦できませんでした。見たかった!


総合格闘技といえばPRIDEが一世を風靡しましたが人気の中、2007年に謎の消滅。
その後、吉田秀彦、五味隆典らのトップ選手が参加する「戦極」が立ち上がるも
現在はどうなっているのかよくわかりません。途中に前田明のヒーローズもありましたが
単発で終わりました。なぜこうも格闘技は人気が無くなってしまったのか。

個人的には当時、最強と云われた団体UWF系のプロレスラー高田延彦がヒクソングレイシーに
2度も負けてしまった事が大きく、あだ討ちとばかりに同じU系、我が青森の格闘家、船木誠勝の敗戦が
決定的でした。この頃から最強の格闘技は[WWF認定]格闘技世界ヘビー王者、
アントニオ猪木のプロレスでは無いのではと疑う様になったのです。
さらにその後、バンダレイシウバをめぐる日本人選手の敗北が続きます。
グレイシーハンターの桜庭和志、パンクラス最強の近藤有己、最後のU系、田村潔の敗北。
K-1も消えプライドも消えましたがヒクソングレイシーと壮絶な死闘を
繰り広げた七帝柔道の中井祐樹 率いるパラエストラは生き残り、今や日本を代表する格闘技団体です。

日本柔道とブラジリアン柔術の戦いの原点は木村政彦VSエリオグレイジー(ヒクソンの父)です。

| 八戸ブログ日記 | 20:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT