八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さらば みなと楽市ウオッサン

H25.12.22 館鼻岸壁朝市


寒さに負け今回は館鼻朝市に9時30分に到着。
冬の八戸朝市にこんなに遅く来ても楽しめないとはわかっていたが、ちょっと
気になる解体中の建造物があったので来場。


館鼻岸壁朝市とウオッサン
【H24.4.29 館鼻岸壁朝市】


八戸館鼻漁港のシンボル的、建造物であった「みなと楽市ウオッサン」が遂に解体され
無くなった日。
1階は鮮魚店、酒屋等、2階は幼児も楽しめる遊具施設ゲーセン等、八食センターを彷彿させる施設でもありました。
初めてウオッサンに訪れた時は、漁港にこんな立派な施設が有るのに何でガラガラなんだろうと
不思議に思った記憶があります。私は釣りで訪れるたびウオッサンの鮮魚店で魚を購入してましたが
館鼻漁港で釣るより買った方が楽だと気が付いた時でもあったのですが。(勿論、釣り物の鮮度にはかないません)


H25.12.22 館鼻岸壁朝市
【H25.12.22 館鼻岸壁朝市】


約9億もの市財を投じ海の百貨店としてオープンしたみなと楽市ウオッサン。
その後、運営元の破綻などでほぼ建物だけが残っていたウオッサンが、しみず食品の菓子製造工場として生まれ
変わりましたが東北大震災の影響もありウオッサンは解体への道へ。


震災直後のウオッサン


震災直後の事を思い出します。



3.11 東北大震災 八戸館鼻



12.1 八戸ウオッサン
【H25.12.1 ウオッサン】


解体は平成25年末から徐々に始まっていました。


館鼻漁港 ウオッサン


跡地にはダ〇〇〇なるパチンコ屋が予定されている様です。


八戸漁港ウオッサンの最後

さようなら、みなと楽市ウオッサン。





スポンサーサイト

| 八戸館鼻岸壁朝市 | 20:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT