八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八戸朝市 【絶品 真鱈のともあえ】

八戸朝市 行者にんにく


3月最後の館鼻岸壁朝市です。昨日までポカポカ陽気で今年2014年の2度に渡る大雪も一気に融けた
八戸市だったのですが今日はまた一気に冷え込み寒いです。

先週の朝市は春を告げる海藻「つのまた」「あかっぱ」「ざるめ」「じっかいそう」等が目に付いたのですが
今日は春の山菜も目に付きます。
「ふきのとう」は勿論のこと「行者にんにく」も早くも販売されています。
しかし行者にんにくは相変わらず高いですね。栽培しても全く増えてくれない栽培が難しい野草の様です。


花見がに


八戸の桜花見シーズンにこの蟹を持ってくると大うけするその名も「花見がに=トゲクリカニ」
今が産卵時期の旬な花見ガニ。なぜ受けるのか?
八戸市の桜花見の名所と云えば「八戸公園 こどもの国」が有名ですが
八戸公園は炭火を使ったBBQが可能な数少ない遊園地でもあります。

花見で焼肉に飽きた頃、活きた動き回るカニを見ただけで受けること間違いないでしょう。
クリカニ、濃厚でありながらふっくらとしたカニミソは春一番の独特な味わいを楽しめる
花見ガニでもあります。


八戸朝市ホッキ貝むき


ただひたすら注文に応じて三沢名産のホッキ貝をその場で剥く北寄貝名人。
自宅でホッキ貝をさばくとホタテもそうですが、殻の処理に面倒な事になるので目の前で
さばいてくれる鮮魚店は鮮度において大変うれしいサービスです。


八戸朝市 岩牡蠣


天然岩牡蠣



八戸朝市 さくらます



さくらます

館鼻岸壁朝市で初めて確認。

桜の開花時期に遡上するからサクラマスというみたいです。

若い頃は(私が)サケマスの区別がよく分からなかったのですがマスは身がきめ細かい為、
食感がふっくらしていて柔らかく鮭の方は身がしっかりしていて味わいがあります。
個人的にはマスの方が好きです。


春のカレイ


数種類のカレイが一堂にに並ぶと外見の違いがよく分かります。これも
八戸朝市ならではの光景。
「なめたかれい」「クロガシラ」「川カレイ」にヒラメが陳列。
川カレイって幻のマツカワみたいなヒレに模様があるカレイだったんですね。


八戸朝市 珍味 真鱈ともあえ


この時期は食材が無いなどからまだまだ出店をしていない人気店舗が数多く有るのですが
本日も人気店がぞくぞく初出店しています。
そんな中、私が注目した商品を紹介します。


マルコー田中商店 真鱈ともあえ


八戸産 肝たっぷり濃厚な真鱈のともあえ。
アンコウでもカワハギでも無い八戸らしい真だらのともあえ


八戸朝市 真鱈ともあえ


その場で食べて見たところ、、、これはうまい!
真鱈の肝のその独特の味わいは鍋物でこそ最高の味わいを楽しめると思っていましたが
朝市のとも合えは下処理がしっかりとされている為か生臭さも感じられず肝の旨みを
濃厚に感じられる上に身がこれまた真鱈のどの部位を使っているのかちょっと考える程の
コリコリとした食感がなんともいえない朝市久々の絶品でした。


ATV 青森テレビ 八戸朝市


ATV青森テレビが連週取材に来ています。
毎週第2第4の土曜日 10時15分~10時30分に放送の「八戸発みなとの未来」
今週あたり放映されるかも。



















スポンサーサイト

| 八戸館鼻岸壁朝市 | 20:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT