八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八戸館鼻朝市ナニコレ集





カラス鰈
カラスガレイを丸々1枚物で見たことが無かったので載せてみました。こんなにデカイ鰈だったとは!
八戸辺りだけの地方名かと思ったらそうではなく一般的な名称のよう
カラスガレイの名前の由来・語源は色合いが黒い為なそうです。
別名称で銀カレイとも呼ばれている非常に脂の乗った美味しいカレイ。


八戸の魚


画像手前のキバカレも大きさでビックリなところですが左奥の魚が。。。


ナニコレまぐろ


こっこれはいったい!!
マグロなのだろうか?

さば自火焼き
【串の強度不足】

これが本当の炭直火焼きというものだろうか。
炭火直結で焼き上げられたサバから滴り落ちる脂に炎が竜巻状態!
追い焼きで旨さ倍増。


いかそーめん
【いかそーめんの看板】


何が変なのか?
イカそーめんの看板だけだった。
(到着したばかりだったのだろうか)


八戸朝市 広告


館鼻朝市に謎の掲示板が登場その内容は


佐村 小保 八戸朝市
【サバコロ、SABAP細胞】


これはいったい!!
SABAP細胞は本当にあったのか。
その前にSABAP細胞ってなんだ?

















スポンサーサイト

| 八戸探検シリーズ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT