八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八戸朝市 本格中華料理と茸の虫だし画像「おしろいシメジ」

2014.10.5 八戸朝市


2014年は台風、大雨に火山の噴火と全国各地で甚大な被害が続いており、
今年も残り3ヶ月と、これ以上何もなければよいなぁと考える今日ですが
幸いな事に八戸館鼻朝市の開催される日曜日は穏やかな天候に恵まれています。

画像右側の中華料理屋さん。
数ある食堂の中でも中華なべを片手に中華料理を提供している
本格的な中華料理屋さんで前から気になっていたのですが、
朝一番、私の胃にはきついと考え、未だ食べたこと無い八戸朝市の
気になる逸品のひとつです。
お持ち帰りもあるのですが、やはり熱々を食べたいですし。


八戸朝市 手作り水餃子


小麦粉を伸ばす所から始まる手作り水餃子。
今まで気が付きませんでした。
これまた気になる一品です。


10月のハツタケ


10月なのに季節はずれの「ハツタケ」が。
そういえば昨年も、この時期出ていた気がします。


10月季節はずれの はつたけ


隣は珍しい「きんたけ」ですが
今年は、ハツタケごはん食べてなかったので画像一コ上の生ハツタケを購入。
家に持ち帰り虫出しをしたところ。。。


茸の虫だし


ウジャウジャとミミズみたいなのが出てまいりました。
これを見ると食べる気がうせるというものですが「ハツタケ」の美味しさを知っている
者にとってはたいした問題ではありませんし、そもそも天然茸に虫は付き物です。


すぎ茸


茸も終盤になると「すぎたけ」とか八戸市民の愛する「むきたけ」も販売されていましたが
今回、初確認の謎の茸を見つけました。


おしろいシメジ


その姿は真っ白で知らない者にとっては毒キノコにしか見えない。
この茸が食用というから驚く、その名も「おしろいシメジ」
お隣は、昨年八戸で話題になった「黄金茸」です。




スポンサーサイト

| 八戸探検シリーズ | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。