八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八戸館鼻朝市の市販煮豆で納豆作りに成功 ネバネバ





煮豆 


4月13日(日)に八戸館鼻岸壁朝市で納豆作り目的で購入した「丸ごと蒸し大豆」
そうそれは私が幾度か挑戦しては失敗の連続で諦めかけていたその時、見つけた
食材であった。
最初から煮てある大豆商品で、そのまま食べるという商品「丸ごと蒸し大豆」
私の目に留まったのは「無塩」「無糖」の文句。
つまり商品名の通り蒸しただけの大豆、という事はこの豆に納豆菌を注入すれば
憧れの自家製納豆が完成するはずだ!と思い購入したのは今から約2週間前だったのです。

その時のブログ

八戸朝市 煮豆


何度も失敗した経験上、念には念を入れ本日開封。

過去失敗した原因
①蒸す時間が足りなく単に硬くて話にならなかった。

②発酵期間が短かったのか、ねばりがクモの糸一本程度であった、つまり腐っていた。

こんな経験上、本日開封となったのです。


市販の煮豆から作る納豆


こっこれは!
市販の納豆の場合、賞味期限が過ぎて1ヶ月も経つと現れる白い斑点があるではないですか。
これは納豆菌が繁殖している証拠。
期待を胸に箸を通します。


八戸朝市で納豆作り


おおぉ糸を引いているでは有りませんか。

ここで納豆のネバネバの正体を説明しますと、最近よく耳にする「ムチン」と
「ポリグルタミン酸」で共に旨み成分のアミノ酸ですがポリグルタミン酸とは、
納豆菌が大豆のタンパク質と糖質から作ったグルタミン酸とアミノ酸がつながった状態
をいい、そのポリグルタミン酸が、何千個もつながっているため、強い粘りがあり、糸を引くのです。


朝市食材で作った 自家製納豆


かき回すと市販の納豆と同じくねばりが強くなり完全に納豆そのものです。
期待を胸に一口。。。。
ううぅこれは納豆だ!遂に俺はやったんだぁ!オレがやったんだぁぁ!

しかしこれで満足した訳ではありません。遅すぎますが、ここからが納豆作りのスタート。
夢は藁の中で発酵させた昔ながらの納豆を作る事です。






スポンサーサイト

| 八戸館鼻岸壁朝市 | 22:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

照会(みと・あかつかカンファレンス)

学術秘書
池田です。

「ムチン」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。

※参考
[1]デジタル大辞泉:
ムチン(mucin)
動物の上皮細胞・粘膜・唾液腺などが産生する粘性物質の総称。糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3-140618
[2] 丑田公規「クラゲの有効活用の限界とムチンの化学」『化学と教育』Vol. 65 (2017) No. 5 p. 228-231:
ムチンという化学物質については,一般人のみならず専門家の間にも誤った情報や呼称が広がっている。そこで,一般の化学教育に携わっている方に正確な情報をていねいにお伝えするため本稿を執筆することにした。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/65/5/65_228/_pdf#page=3

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927

| 池田剛士 | 2017/11/09 14:05 | URL | ≫ EDIT

納豆のネバネバがムチンである記述

学術秘書 池田 様


コメントありがとうございます。
納豆のネバネバがムチンと記述する根拠についてですが私なりに調べての記述になります。
今から2年以上前の記事に対しての指摘だと思いますが当時、ネバネバ成分が体に良いと
各メディアは盛んに報道していた時期かと思います。記載するにあたり当時ネバネバ成分を
調べた結果になりますが一般人が参考にするであろうwikiにも2017年12月現在、「ムチン」
を含む食品として「納豆」の記述があります。

| いかさば | 2017/12/22 20:51 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2018/03/19 02:35 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/195-869c6d7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。