八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝市 八甲田山の行者にんにく





八戸朝市 風船玩具


今年の春は暑い、雨もなかなか降らない上、天候に恵まれているせいか今年は早くから
幼児、子供の入場者が多いです。それを察してか新たなる玩具屋さんが初出店。
日曜開催の夜明け前から始まる朝市です。
おそらく眠い目をこすりながら来場している幼児、子供達と思われますが不思議な事に
ごんぼほりを見たことがありません。
長年朝市に通っていて泣き喚くゴンボホリ(駄々をこねる)を見たことが無いのですが
幼児にとっても相当物珍しい光景なのでしょうか?それとも寝ぼけているだけなのか?


最後の八甲田産 行者にんにく


青森の八甲田産天然行者ニンニク。
「これで最後だよ」の掛け声に春の山菜の中でも最も大好きな行者にんにくが!
時期的にも確かに最後、しかも天然、さらに青森県民なら心奥深く永遠に焼印の
如く刻み込まれた八甲田山(八甲田山系)産の行者にんにくと云われれば買わない理由は無く
というかどんな物かと二束購入させていただきました。


青森八甲田産 行者にんにく


確かに姿格好が違いますね。
通常の行者にんにくと比べて茎の部分が長いです


行者にんにくのお浸し


おひたしで食べてみました。
最後だと思うと余計に美味しく感じられます。








スポンサーサイト

| 八戸探検シリーズ | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/206-9575794f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。