FC2ブログ

八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幻の品種インドりんご 館鼻朝市で発見!ダイエット専用りんご





H25.12.8 館鼻岸壁朝市


八戸の朝は寒いぃぃ。今年はやたらと子供の入場が目につきます。今はわからなくても大人になって
全国に散らばるかもしれませんが八戸にはこんな面白い所があると記憶に残るといいです。


八戸朝市 しおてば


いつも行列ができる大安食堂さんの「しおてば」なんと第4回からあげグランプリにノミネートされたとの
事。知りませんでした。日本唐揚協会のHPを見ればわかるが昨年のグランプリはおろか
第1回~4回までのグランプリの中で東北6県が数ある部門賞で入賞出来たのはご存じ仙台の利久さんとここみ亭さんだけという厳しい関門。八戸のしおてば、あえて挑んだいばらの道です。もっと早くこのチラシに気が付けば。。応援してます。


2013年産 インドりんご


今、青森県はりんごの季節。八戸朝市にも数多くのりんごが並んでいます。
「ふじ」「王林」等、青森を代表するリンゴの中、無造作に箱詰めされた謎のリンゴを発見。
しかもその名は「まぼろしのリンゴ」奇跡のりんごじゃありません。


幻の印度りんご


隣のテーブルに幻という名の謎のりんごの正式な品種の名前が記されていた。
インドりんご」と云うらしい。

確かに見た目からして一般のりんごと姿かたちがどこか違う。
すぐにわかるのはそのゴツゴツとしたカリンにも似た形。像の頭からきた名前なのかと
思いました。色もなんか変。
まじまじと見ていたら次々とやってくる朝市オヤジやマダムさん達が
「おお懐かしいなぁ」「あらまだあったのこのリンゴ」などと声を発していく事から
かなり前の品種であった様です。しかし皆、買っていくのは「ふじ」であった。
そんなに不味いリンゴなのだろうか?館鼻朝市1週目はスルーしたがどうしても気になり
戻ってインドリンゴの事について何故今は無いりんごなのかとか素朴な疑問を店主に質問してみたが
明確な返答は無かった。というか何を言っているのかよくわからなかった。

年を取ると耳が聞こえなくなる為、何を言っているのかわからなくても空返事をする様になるという。
今回まさに私はそれであった。忙しい中、説明してくださりすみませんでした。
しかしある言葉だけはしっかりと分かった!

「インドりんごインドりんご向かいはインドカレー」

なにぃ!思わず振り向いたその向こうには!


アンクルインドカレー 八戸朝市


インドカレーがあった!じぇじぇじぇぇぇ!
このリンゴ店主は必殺の波動砲を持つクローザーだったのです。
一時の迷いを吹き払うその一言が購入を決断。


印度りんご


昔よくあった柔らかめのリンゴかと思ったら固い触感のリンゴです。これだけでも私的には高得点。
さらに酸味が感じられない美味しいインドりんごじゃないですか。しかも甘く無いんです。
りんごダイエットに最も向いている品種と感じました。実際食べたら、お腹が張って昼食抜けました。
こういう経験は初めてです。ダイエット印度りんごと名前を変えたらどうでしょうか。




















| 八戸館鼻岸壁朝市 | 21:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT