FC2ブログ

八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八戸の生そば のど越しの良い年越し蕎麦で新年を迎える【舘前製麺】





南部屋そば


12月31日、一年の最後の食事は「年越し蕎麦」で終わる私です.

2012年、最後の蕎麦は偶然見つけた「生 南部屋そば」

八戸市に住んでいながら滅多に行かない八食センター強調文で見つけた生そば。

ここで誤解してもらいたくないので、何故「八食センター」に行かないかと云えば

八食センターに行けば魅力的な商品が多い上に仕掛けも素晴らしく、必ず買いすぎるから、、

魚が好きな私には最高の楽園。魚介類また八戸の食を一堂に集めたアミューズメントパーク。そして

B-1グランプリ発祥の地でもある八食センターです。

そんな八食センター内で目に止まった蕎麦を発見。今年は例年通り南郷の蕎麦か

最近話題の階上産の蕎麦と決めていたのですが妙に「南部屋そば」が心に引っ掛る。

そして店舗を何度ものぞいているのが発見され遂に声を掛けられた。

シマッタ!」それは店員さんの目を盗みつつ蕎麦を手に取り、色、太さ等を確認している中、

目が完全に蕎麦一点に向いていた隙を突かれた瞬間だった。

これはマズイ。私は自分で納得した物しか買いたくない主義なのでこういう場面はよろしくない。

商品を自分なりに良く吟味し、分からない場合のみ店員さんと初めて会話する。これが私の購入

ストロングスタイル。

吟味中にいきなり声を掛けられることは私にとってチョーク攻撃。

私は、いきなり声を掛けられたその一瞬、血管が収縮した。この最初に掛けられた一言に対する対応が

重要なのは分かっているが相手は完熟のおばちゃん。私の必殺「うん」の一言で立ち去る戦法が

使えないというか使えない。年配の方にそれは余りに失礼な事。私は絶体絶命の状態に陥る所であったが

「うん」のトリプル掛けてなんとかその場は立ち去る事が出来た。しかし難を逃れ立ち去った後、

完熟おばちゃんの一言が頭から離れない、それはまさに今考えれば最強クローザ一の言であったのです。

一度この蕎麦かった人はこの蕎麦じゃないとダメだといってまた買いに来るんだよ

ガーン!!最強の殺し文句。悩んだ挙句また戻って購入したのでした。


舘前製麺所の生そば


蕎麦の色、そして他の蕎麦には無い手打ちを彷彿させる幅広麺。さらに手に持った時の重圧感。

いずれ市販の年越し蕎麦では初めて見る蕎麦です。

和紙と云えば大げさすぎますが習字紙に書かれた「南部屋そば」

裏には説明書きなど何も有りません。

己の知識、経験でもってこの「南部屋そば」を茹であげるのです。


南部屋そば


手打ち風の幅広蕎麦に黒いブツブツ。一人静かな空間の中、最初の一口を啜る。

「ずずぅ~」。。。こっこれは旨い!今までにない食感、そしてそののど越しの良さが違う。

完熟女様の一言は本当でした。その一口は、そばに対する考えが変わった程。

閉そく感が漂っていた私に新たなる食への探求が始まるきっかけになりそうです。

スポンサーサイト

| 八戸市の製麺所 | 20:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なまなまそば

「生そば」きそばと読みますよね、
面白いネーミングですね!

| 沼袋のブラックバス | 2013/01/13 11:04 | URL |

Re: なまなまそば

沼袋のブラックバスさん。いつもありがとうございます!実は私、恥ずかしながら最近知りました。友人が食堂で「きそばお願いします」と言ったその一言で。前から何て読むのか気にしてなかなか注文出来ずにいた「生そば」です。

| いかさば | 2013/01/17 20:16 | URL |

ありがとうございます

初心者株さん。コメントありがとうございます。是非遊びに来てください今後とも宜しくお願いします。

| いかさば | 2013/04/03 19:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/104-573db429

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。