FC2ブログ

八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あかっぱレシピ 八戸春の海藻





NPO(特定非営利活動法人)団体の使途不明金問題で開幕直前に混乱している館鼻岸壁朝市ですが
今月17日(日)の開幕初日は無事行われる様です。

少し疲れたので今回は八戸で今しか食べられない春の海藻「あかっぱ」で一服する事に。


あかっぱ


「あかっぱ」と明記され春になると八戸市のスーパーに並ぶ海藻です。
見た目はワカメにも似ていますが食感がコリコリしている事が「あかっぱ」最大の特徴。
春の海藻「ふのり」「まつも」と並ぶ八戸春の3大海藻です。汁もので調理する事が多い春の
海藻ですが美味しくその食感まで楽しむには食べる直前に入れる事です。
そうしないと特に「あかっぱ」は、すぐにドロドロになりますので注意が必要です。
いやそのドロドロしたとろける感じがいいとも云います。
私の最近はまっている「あかっぱ」料理レシピを紹介します。「ほっ」としますよ。


あかっぱ レシピ1


お椀に岩塩をお好みで入れます。なぜ岩塩か?岩塩だと味がマイルドなので多少入れ過ぎても
塩辛くならないことから海藻の旨みを楽しめる調味料だと思っているからです。
ついでに云うと海藻に限らず海の食材を使った汁ものの味付けは7(塩)対3(醤油、味噌)
が私の基本です。これは数年前、むつ市のある旅館の女将に教えてもらった調合レシピです。


あかっぱの調理方法


塩と、ほんの少しの垂らした程度の醤油を入れたお椀の中に、ちぎった「あかっぱ」を入れます。


八戸 あかっぱのお吸い物


この中に熱く沸騰したお湯を注いで完成。
この瞬間、この薄茶色の天然海藻が一瞬にして鮮やかな緑色に変化した時がたまらなく
食欲をそそります。
春の至高の一杯です。









スポンサーサイト

| 【八戸の名物料理】 美味しい郷土料理 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/115-3d641834

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。