FC2ブログ

八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本物のアカハタモチ 八戸の郷土料理





アカハタもち


あかはたもち

八戸の春にしか食べられない海藻、アカバギンナンソウ(赤葉銀杏草)通称:アカハタ
Mazzaella japonica (Mikami) Hommersand

アカハタを蒸してすり潰し型にはめて冷やし固めた八戸の郷土料理です。
しかしこのアカハタモチ、スーパーで販売されている物と色が違いませんか?
スーパーで販売されているものはもっと濃い色で黒っぽい感じです。



八戸郷土料理 あかはたもち


自分の海で獲れた主に魚介類や海藻たまに野菜も扱う鮮魚店さんで見つけた「あかはたもち」
画像では分かりにくいのですが赤っぽい色をしています。何故なのか?
たまたまこの鮮魚店さんの常連客に話を聞く事が出来ました。

「ここのアカハタモチは違うんだよ!本物はこれなんだ!!
オラァ毎年ここのアカハタモチ楽しみにしてんだぁ、ここのは混ぜてないんだよ」


混ぜていない?とは?たしかに通常のアカハタモチとは違う色をしているのは気になりましたが常連客の
熱意あふれる説明に共感し購入を決意。「アカハタなんてどれも同じだべ」と思いつつも。


あかはたもち 八戸の郷土料理 


自宅で早速、食べてみたところ。

こっこれは!違う!!一口噛んだだけでふわっと何かの風味が広がる!
これはなんだ!うううぅう思いだしたこれは「ごはんですよ」だ。そう海苔の風味が口全体に広がるのだ。
これは確かに違う。アカハタモチでこんな磯の風味を感じた事が無い私には衝撃的であった。
常連客の言葉は味のある本当の事、真実だった。

後日、私は販売店に向かい何故こんなにも違うのかを問いただしたのだが
意外な真実を知る事になった。

「うちのは混ぜていないんです」

エッ!混ぜていないとは?

「アカハタのみでツノマタは入れてないの」

たった一人で店をやっているイサバのカッチャは都合が悪そうに答えてくれた。
アカハタモチにそんな事実があったとは。。。
確かに海藻アカハタはその名の通り赤っぽい色でツノマタは黒っぽい色をしている。
その現実が、いや真のアカハタモチがこの館鼻岸壁朝市で販売されている。
アカハタモチの本当の姿を、そして味覚を初めて知ったのでした。






スポンサーサイト

| 【八戸の名物料理】 美味しい郷土料理 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/126-05106c96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。