FC2ブログ

八戸朝市さ行がねが

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市を主に、八戸市の観光、八戸市の郷土料理、食を独自の見解で発信.八戸館鼻岸壁朝市の明細 住所:〒031-0811 青森県八戸市新湊3丁目4-20(八戸水産公社もしくは漁港ストアで検索)開催日時:毎週日曜日の夜明け前から10時位まで(12月31日~3月上旬とうみねこマラソン開催時は休業) 駐車場は無限大に近い程で困る事はありません

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海の上ミノ マンボウの腸 八戸朝市





八戸館鼻朝市2015年11月


2015年11月8日(日)の八戸市は日付が変わる前日から強い雨が降っていた為、
夜明け前から始まる八戸館鼻朝市に一般の方は行くのに迷う程であったと思うが
朝市ファンの私としては場合天候が荒れれば荒れるほど燃え滾る炎に火が付き
野次馬根性を内に秘めつつ今回も館鼻岸壁へと向かったのでした。


八戸朝市2015年11月8日


朝市会場へ到着した頃は小雨となっていたが、こんな雨でも来場者の多さには
驚きました。


八戸朝市 キムチ鍋


寒くなってくると暖かい鍋物を身体が求める訳ですが今日は特に、この
朝市チゲの燃え滾る様な真っ赤なキムチ鍋に目だけで暖かく感じ
見ただけで誘惑されてしまった。

八戸館鼻朝市 あわび肝


あわび漁解禁になると八戸市にも出回る様になってきたアノ
酒飲みには最高の珍味、アワビの肝。


菊巻き 八戸朝市


菊巻って手の込んだ巻物でケンミンショー見てから余計に食べる様になった。


館鼻朝市うぐい


朝市でウグイは初めて見たが噂では、つみれにして鍋物にすれば最高にうまいらしいです。


八戸朝市 八角


八戸朝市で冬になると見られる謎の魚「八角」
前から気になっているが微妙な価格帯でありこの時期はどうしても
鮭やイカ、タラ、カレイにアナゴを選んでしまい買ったことが無い八角です。
調べてみるとTV等で話題になり高級魚化している魚らしく聞けは脂が身に入り込んで
美味しい深海魚らしく益々気になる八角。
安かったら今度、購入して見ます。


マンボウの腸


「マンボーの腸しびれる旨さ!」手書きのPOPが気になり足が止まった。
焼き鳥やさんで販売しているマンボーの腸とは初めて見たし漂う香りに
ユラユラと千鳥足の如く吸い寄らされ、、

「マンボーの腸ひとつください」


マンボウの串焼き


テーブル席を案内され待っていた所、焼きたてのマンボウの腸をテーブルまで
持って来て頂いたのには驚いた(一本なのに)
しかし、手渡されたマンボウの腸を見てさらに驚いた。
見た目は牛の第一胃ミノにそっくりであり食感もミノそっくりであるが軽く噛み切れる
のがミノとは違う。味はというとこれがまた臭みが無くあえて言えば磯の風味がほんのりと
漂いそれに塩分を感じさせない磯の塩味が噛むごとにジワジワと広がりスルメの様に
長い間、口の中でその旨みを味わえる。海の上ミノとも云えるマンボウの腸でした。


マンボウのホルモン


マンボウ腸の味わいに少し感動し
「マンボウって八戸朝市で売ってたよなぁ」と思い探したところ。
マンボウがありました。
しかも奥にあるのはマンボウの腸。


まんぼう


早速購入したのです。



マンボウの腸 にんにく着け


鮮度の問題なのか少し生臭さが漂いましたのでショウガ使用と行きたい所ですが
青森県民ならニンニクという事でニンニク醤油で漬け込んでみました。

マンボうホイル焼き


マンボウのにんにくホイル焼きで食べてみましたが通常腸系をホイル焼きにすると
硬くなり噛み切れないものですがマンボウの腸は安易に柔らかく噛み切れます。
しかも味が一夜干しのイカの様な濃厚な味わいに変化。これは珍味ですね。


緑の卵 八戸朝市


前から気になっていたといえば緑の卵。
たしか緑の卵って烏骨鶏以上に高かった記憶があるのですが


緑の卵 燻製


最近趣味に成りつつある燻製作り。
桜のチップで卵の燻製作りにチャレンジして見ました。
間違いなく美味しかったです。


2011年 8月の蕪島
【2011年8月7日】

2015年11月 蕪嶋神社が消失したことは八戸市民にとって衝撃的な出来事でした。
私は車で通勤中のラジオで火災中の一報を聴き本当に驚いたのですが昼のニュースでは
全焼との報道にショックを隠しきれませんでした。
私が蕪島を撮ったのは震災の年、2011年が最後ですが、おそらく消失前の最後の蕪嶋神社
であろう貴重な画像がfourdoor0810さんのブログ「戸のつく町から」で紹介されています。
スポンサーサイト

| 八戸館鼻岸壁朝市 | 20:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは♪
今回も一枚目のりんごドーナツから始まって
気になる情報がたくさんでした!
でもやはりマンボウの腸でしょうね~!
いかさばさんのレポ聞いてるだけでジワーっと
ヨダレが出てきましたよ!
朝市が終わるまでに行けるかな~(~_~)

リンクありがとうございました!
あれ以来蕪島には行っていませんが無くなったのが信じられない!
今でもあの場所にあるような気がしてしまいます!
でも落ち込んでばかりいられない!
前に進まないと...ですね!

| fourdoor0810 | 2015/11/15 15:11 | URL |

蕪嶋神社

fourdoor0810 さん。いつもありがとうございます。

fourdoor0810 さんにヨダレが出てきたとコメント頂いてうれしいです。
私は「戸のつく町から」ブログでヨダレ垂れ流し状態です。
マンボウの腸は食感が上ミノ状態なのにも驚きましたが味わい深く
味で云えば脂ののったギンダラが牛ミノならば旨みのマダラが
マンボウの腸みたいな感じではないでしょうか。

蕪嶋神社が消失したのは本当に信じられませんでしたが色んな所で
応援の輪が生まれている様で少し安心してる感じではあります。



| いかさば | 2015/11/17 20:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/tb.php/260-6bb9c47b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。